眞らんかのけいかほうこくblog

営農型発電ってどんなもの??

   

営農型発電とは農地で行なう太陽光発電の事を言います。
農地はそのまま農地として活用するのと転用してかるようする2種類の方法に分かれ、その内の1つに太陽光発電があります。
農地は周囲に建物がありませんので日照条件が非常に良く太陽光発電に適しています。
営農型は工作を続けながら太陽光発電を設置となります。
農地の上に支柱を立てて太陽光パネルを並べますが、下にある作物がきちんと育つために最低限の光量を確保する必要がありますので発電パネルで覆わず一定間隔の隙間を作らなければいけません。
支柱を立てる行為はビニールハウスと同じ様に思えますが営業目的ではないため一時転用の許可を取る必要があります。
太陽光パネルはメンテナンスの必要性が低いので営業への労力が損なわれません。
営農型の太陽光発電は、営農が適切に継続されなければ利用は認められません。
定められた基準をクリしていない場合は太陽光パネルを設置することは出来ません。
一時転用しか認められない営農型の場合は原則3年間を転用期間とし4年目以降はそれまでの実績に応じてとなります。42円物件はコチラ

 - 未分類