眞らんかのけいかほうこくblog

RPS法って何?270日ルールどんな法律?

   

RPS法とは新エネルギー等利用法とも呼ばれており、太陽光発電や風力発電といった新エネルギーの導入を促進するため、電力会社に対し一定量以上の新エネルギーを利用することを義務付けたものです。
2002年に6月に公布され2003年4月1日に施工されました。
経済産業省大臣の勧告・命令に違反すると100万円以上の罰金に処されます。
電力会社は電力の販売量に応じて一定の割合以上、新エネルギーなどから発電される電気の利用をしなければいけません。
新エネルギーの発電・購入電気相当量の取得をすることでその義務を果たさなければいけません。
新エネルギーの利用目標は、4年毎に経済産業大臣が総合資源エネルギー調査会、環境大臣、農林水産大臣、国土交通大臣の意見を参考に定めます。
対象となる新エネルギーは太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスで、特に太陽光は技術革新の余地が大きいことから普及の拡大が見込まれています。
RPS法は2012年に再生可能エネルギー特別措置法が施工されたことによって今現在廃止されている法律です。
電力会社への負担が考慮されておらず問題にもなり固定買取価格制度で統一されています。

270日ルールとは経済産業省が定めた平成27年度の再生可能エネルギー買取価格に関するルールです。
ルールの内容は、平成23年に成立した「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスの再生可能エネルギー源を用いて発電された電気は電力会社が買い取ることを義務付ける制度において、平成27年3月31日までに買取価格が決定していない太陽光発電設備は、同年4月1日以降の認定から接続契約申込み日の翌日から270日を経過した日までに接続契約締結に至らない場合、270日を経過した日時点の価格が適用されるというものです。
但し、接続契約に必要な期間が180日を超えた事実がある、この場合は認定日の翌日から360日後の日までを期限とします。
更に270日の場合は期限を450日後の日まで延長することが可能です。
被災地域で申請する場合は特別に認定日の翌日から450日後の日までが期限となります。
また50kw以上の太陽光発電システムは設備認定の翌日から270日以内に場所と設備を確保したことを書類に記載し提出しないと認定が取り消しとなります。
分譲太陽光発電の投資

 - 未分類